ビジネスローンを利用する際には金利をしっかりと確認しよう

企業が経済的な意思決定を実施するときに必ず必要となるのが資金であり、特に大きな内部留保が存在しない中小企業にとっては、意思決定の際のみならず、経営において常に資金繰りを気にしなければなりません。そこで各企業はどこから資金を調達するか選択することになり、その中のひとつにビジネスローンが挙げられます。ビジネスローンの必要性について通常の市中銀行などの金融機関ではなくビジネスローンを選択するメリットや、知っておくべきデメリットを押さえておくことにより、効果的に利用できるようにしておくと、経営の幅が広がるでしょう。

ビジネスローンのメリットとしては、基本的に申し込みから融資までの期間が短いことや、担保・保証人が必要ないこと、消費者金融を利用する際に存在する総量規制が存在しないことなどが挙げられます。特に近年では資金繰りの重要性が高まったことや、企業を取り巻く環境の変化のスピードが速くなってきたことなどから、融資にかかる期間が短いことは非常に有利に働きます。企業が資金調達を必要とする際には、審査の通りやすさや期間の短さなどを比較対象として、数あるビジネスローンから自社に適したサービスを選ぶようにしましょう。ビジネスローンを効果的に利用するためには、メリットだけでなくデメリットも知っておくべきです。主なデメリットとしては、普通の金融機関に比べて限度額が低いことや、基本的に金利が高いことなどが挙げられます。特に金利に関しては必ず押さえておくべき事項といえます。どのビジネスローンも金利を6%から15%に設定しており、借入金額によって課される金利が異なります。数値でとらえると微々たるものですが、年単位で借り入れを行うと考えると、金利から計算された利息は決して無視できない金額になります。そのため、借り入れる金額と課される金利のバランスをよく考えた上で、必要な金額だけ借りるようにすることが重要になります。デメリットさえ気を付けておけば、ビジネスローンは企業にとって非常に心強い味方となるので、特に金利に関しては慎重に判断するようにしましょう。