銀行系のビジネスローンの特徴とは

事業を行う上では、通常の売買代金の決済をはじめ、新しく設備を購入したり、従来のものを入れ替えるといっただけでもお金が必要となります。そうした場合、個人向けのカードローンやキャッシングのような、便利な融資制度は使えませんので、事業向けに特化したビジネスローンを申し込むことになります。ビジネスローンの申し込みにあたっては、まずはどの金融業者にするかを検討することになりますが、大きく分ければ、銀行か、それとも消費者金融などのノンバンク系の金融業者かといったところになります。このなかでも、銀行のビジネスローンは、一般的にいえば審査が厳しいという声も聞かれるところですが、これは融資の金額や、その銀行の経営上のスタンスによっても、かなり異なってくるところといえます。特に、同じビジネスローンとはいっても、個人事業主として融資を受けたいという場合には、そもそもビジネスローンの申し込みができる金融業者が限定されているため、日頃から預金などで慣れ親しんでいる銀行での資金調達というのは、きわめて現実的な方法であるといえます。

ビジネスローンの審査では、個人向けのローンとの比較において、年収や雇用形態といったポイントが重視されるのではなく、あくまでも事業の将来性があめかどうか、現実に経営が軌道に乗っているかどうかといったところが重視されます。もとより個人向けのローンとは違って、年収による総量規制の影響は受けませんので、これは当然といえば当然のことといえます。ビジネスローンでも消費者金融などのノンバンクであれば、基本的にはお金を貸し付けるという部分のほうが注目されますが、銀行であれば、やはり将来的に地域のなかで成功するだけのポテンシャルがあるかどうか、長い目線で考えることになりますので、場合によっては、ノンバンク系よりも親身になって融資の希望にこたえてくれることがあり、そうした点では有利ともいえます。